作品紹介


エミール・ガレ (1846~1904)

ガラス、陶器、家具のデザイナー、企業家、経営者、植物学者、科学者、文筆家
フランス東北部のナンシーに生まれる。家業の陶器の販売会社を継ぐため、ヨーロッパ各地で多彩な教育を受ける。
1989年、1900年のパリ万国博覧会で大成功を博し、フランスのアールヌーボー様式を決定するものとなる。1901年エコールドナンシー(ナンシー派)の初代会長となる。
ガレ商会は1931年の世界恐慌の影響で閉鎖。




 ハシバミ(ヘーゼル)の木の、雄花穂の下がる様子を彫りや金属挟み込みなどの技法で変化を出し表現している。花や枝の無い部分には、趣きのある鎚目彫りが施してある。
 光を当てると微妙な色に輝き、闇の中に花穂が浮かび上がってくるような感じがする。
 オルセー美術館に同様の作品があり、そこには モンテスキューの詩が「自然が重々しく母親のように揺れ動くとき、それは厳かな瞬間、そして永遠の時間である。」と刻まれている。
 ガレの自然主義、象徴主義が表現されている。

  
  「はしばみ文花瓶」1895年頃

ドーム兄弟

普仏戦争により、ナンシーに逃れてきた長男オーギュスト・ドームと、三男アントナン・ドームによるドーム兄弟の会社。ガレに倣い、ガラスの芸術作品を作るため、次々に新しい技法を開発した。1900年のパリ万博にてガレに並ぶ成功を収める。
ドーム社は現在も継続している。


  

 乳白色ガラス、透明ガラスの上に、緑色のガラスが被せられ、タンポポが彫刻されている。タンポポは、日本ではその羽種で子供が遊ぶため、可愛らしい植物の代表となっている。
 しかしドーム兄弟は、野獣の牙のようにギザギザと鋭く尖ったタンポポの葉で、不条理な力に抵抗する正義の心を表現し、風に乗り飛んでいく綿毛で自由な心を表現した。
 ドーム兄弟はガレと比べ、作品に意味を持たせることは少なかった。この作品はその数少ない例である。

  「タンポポ文ランプ」1900年頃


マイセン 

旧東ドイツの古都マイセンにおいて、1710年にアウグスト強王の命によりヨーロッパ最初の磁器の開発に成功。王立の磁器製作所が創設された。中国や日本の磁器への強い憧れとヨーロッパの王侯貴族の文化が融合され、独自の装飾の美しさと変化していく。以後300年、優美で繊細な美しさは今も進化を続けている。


 何人もの人物が野外に出て活動する群像である。
 私達は、この様な美しく可愛らしい作品を見ると、その顔の表情、服装の柄や色の艶やかさに目を奪われがちである。
 それらはもちろん大事ではあるが、それ以上にこの作品の面白さは、磁器という素材を用いて野に働く人たちの動きを巧みに表した点にあろう。
 マイセン社は、今も技術者達に解剖学を始めとした人間の体に関する知識を1年間学ばせる。そうした努力の積み重ねの結果、生き生きとした動きのあるこのような像が生み出されるのである。
 この作品では、美しさだけではなく、手の動き、肩のひねりなど、動きの面白さも楽しめる。
 この作品の制作された1880年頃は、磁器の質も安定し、色の数、質も安定した時期である。


  「燭台 炎を囲む子供たち」
」1800年代

                                            
Copyright(C)2011Kamiya Fine Arts Co.,Ltd All Rights Reserved

トップページ   会社案内  採用情報